2018/02/19

Nike Cortez Kenny II


NikeはCortez Kenny IIを2月17日発売した。コンストラクションはレトロCortezを踏襲しているが、アッパーはメッシュにレザーのレイヤーで、Swooshはホワイトレザー、サイドウォールに中国ロゴ「死的」、アイステムにはDon't Tripのロゴが入っている。カラーオプションはRed/Whiteの1 styeのみで、価格(MSRP)は100ドル。販売はSNKRS Passを通じてオンラインで予約を受け付け、ロサンゼルスのNike Makers HQで発売するァLA限定販売である。
Cortez Kenny IIはKendrick LamarとNikeの今年第2回目のコラボレーションモデルで、第1回目のコラボレーション "Cortez Kenny I" は1月26日に発売されている。1回目のモデルはホワイトアッパーにDAMNのビッグロゴが入っており、今回Cortez Kenny IIに中国ロゴ「死的」が入っているのは1回目と連携させているからである。第1回目はLamarが1月8日のCollege Football Playoff National Championship(Atlanta, GA)のハーフタイムショーで着用してデビューさせ、この時も発売はSNKRSを通じてオンライン販売されてた。
NikeはCortezのメイクオーバーで2017年6月のCortez Nylon Long Beach 、8月のCortez Kenny Moore Collectionなど、ご当地モデルやアーチストモデルを積極的にプロモーションし、アスリートやラッパーモデルは敬遠してきた。Kendrick Lamarはラッパーであるがポリティカルなスタイルをアピールしていて、アクチビストとしても積極的に活動し、通常のラッパーとは距離を置いているからコラボレーターに採用したものと思われる。Cortezのメイクオーバースタイルは現在のアフリカンアメリカンの社会的存在に配慮したスタイルで、Nikeのマーケティングは正しいと思う。

Follow the Nike Cortez

Virgil Abloh x Nike Air VaporMax New Color



Virgil AblohとNikeのコラボレーション "The Ten Collection" の追加カラーモデルがまもなく発売される。今回の発売モデルはAir VaporMaxで、カラーオプションはTriple WhiteとBlackの2 styleである。発売日は未発表だが、2月中にリリースされると見られている。シルエットやディテールの変更はない。

Virgil AblohとNikeのコラボレーションは2017年9月に発売され高い評価を受けた。コラボレーションはAblohの運営するイタリアンスタイルのメンズアパレルレーベル "Off White" とNikeのコラボレーションという形式で、シューレースにレッドのインシュロックをアイキャッチで装着するなどアイディアも洗練されていた。ブロガーや小売ストアのあいだでは、2017年に発売されたコラボレーションで最も高評価で、Virgil Ablohはスニーカー業界で一挙に地名度があがった。今回の追加モデルも人気を集めるのは確実である。

Follow the Air VaporMax

2018/02/18

Vans Chima Pro 2 Pro


Vansは Chima Fergusonのシグナチャーモデルを5年ぶりに一新したChima  Pro 2を発売した。Chima  Pro 2はアッパーがキャンバスとスエードの複合パネルで、クッショニング強化のためのUltraCush Lite 3Dフットベッドを搭載している。カラーオプションはNavy/White、White、Navy-Gumの3 styleで、販売価格(MSRP)は$75USDである。発売は2月10日で、今回はアパレルラインも同時発売される。
Chima FergusonはSydney出身のスケーターでVans以外にVolcom、Spitfireなどとスポンサー契約している。Vansとのシグナチャー契約で2013年11月に初コレクションChima Proを発売した。前回はアッパーにレイヤーが付加されてシンプルさに欠けたが、今回は見違えるほどミニマリックにリファインされたアッパーでイメージを一新している。全体のシルエットはUltraRange Proに似ているが、ソールはトラディショナルスタイルで、クラシックイメージが残っている。

Follow the Vans 

2018/02/16

Vans Annual Custom Culture Competition

Custom Culture が今年もスタートした。2010年にスタートしたイベントで、今年は9回目である。

すでにレジストレーションは1月31日に終了し、2月1~18日に審査のうえ参加500校が確定する。Vansは500校にシューズ2足を送り、参加校は2テーマのアートワークを制作する。作品の提出期限は3月末で、5月初頭にTop5が発表され 、グランプリは5月18日に発表される。
Vansはイベントのサポート役にアーチスト、デザイナーで構成されたCustom Culture Ambassadorを設定していて、Ambassador達のアートワークも2月1日に発表された。これがまたなかなかの力作ぞろいで、販売すれば絶対ホットアイテム間違いなしという作品ばかりである。
Vans Slip-on, design by Kindah Khalidy
Ambassadorに選出されているのはRebecca Minkoff(Designer)、Cynthia Rowley(Designer)、Amirah Kassem(Baker)、Amy Hood(Microsoft)、Kindah Khalidy(Painter)、Jen Mussari(Graphic)、Carol Lim and Humberto Leon(Opening Ceremony)達で、いずれ劣らぬ錚々たるメンバーである。

デザイナーは日本でも紹介されているからご存知の人も多いだろうが、Amirah KassemやKindah Khalidy、それにAmy Hood、Jen Mussariなどは一般の人には馴染みの少ない名前と思うが、興味のある方はオンラインで検索して下さい。Kassemや Khalidyは作品も楽しいが、キャラクターも本当にユニークな人たちです。
Vans Authentic, design by Carol Lim and Humberto Leon

Vansのシューズアートワークはつい最近、Native American ArtistのHoly Bearが製作したVans Slip-onのハンドメードビーズワークが注目を集めた。Bearの制作動機だって、息子の靴をデコレーションしたのが制作動機だった。Nikeやadidasのコラボレーションは売れるかどうかばかりが先立つビジネスライクな動機だが、Vansのアートワークはアーチストのキャラクターや遊びが豊かに漂っていて本当に楽しめるプロダクトである

Follow the Vans Collaboration



Hand-Beaded Vans Slip-on


ラコスタスー族(Lakota Sioux Tribe)の女性アーチスト、Holy Bearが製作したVans Slip-onのハンドメードビーズワークが注目を集めている。アッパーのチェッカーフラッグをビーズワークでデコレーションしたモデルで、ビーズワークはラコスタスー族の伝統柄になっている。
Holy Bearはラコスタスー族の生まれで、こどもの時から伝統スタイルのPlain Doll製作に親しんできた。University of New Mexicoで現代美術を専攻し、卒業後は伝統人形Plain Doll制作活動を続けてきた。
ビーズワークシューズは、4歳の息子が履いていたVansスリッポンを見て思いついたらしい。彼女はVansのチェッカーボードアッパーをラコスタスー族伝統のビーズワーク図柄でデコレーションしたら子供が履くのに可愛いだろうと思って製作したと言っている。これが口コミで人気を集め、2月のTeen Vogueに取り上げられて一気に全米規模の注目を集めることになった。オリジナルの手作り感が人気を呼んで、現在はオーダーが殺到していて、Holy Bearは本業のPlain Dpll製作よりビーズワークシューズ製作に忙殺されている。
Holy Bear and her Plain Doll
もともとNative Americanのモカシンは、ビーズワークを施すのが伝統になってきた。Holy Bearもトラディショナルなモカシンを連想しながら息子のVansをデコレーションししていたと言っている。確かにビーズワークのVansは購買欲をそそるが、こんな単純なアイディアにどうして誰も気付かなかったんだろう。VansはHoly Bearと契約して、ビーズワーク部門を新設すべきである。

Follow the Vans Collaboration


2018/02/15

Nike Air VaporMax Plus Triple White


NikeはAir VaporMax Plusを2月9日に発売した。Air Max PlusアッパーとAir VaporMaxソールユニットをクロスオーバーしたHybridモデルで、カラーオプションはtriple whiteの1 styleである。すでに1月25日にはtriple blackも発売されている。
アッパーに使用されたAir Max Plusは1998年にリリースされたモデルで、ネオプレーンにTPUのオーバーレイを施したパネルである。一方Air VaporMaxはNikeが次世代Air unitとして開発した新ソールユニットで、2017年のAir Max Dayにリリースされた。両者を統合したAir VaporMax Plusは典型的なHybridモデルである。

Air VaporMaxは発売当初は一部ではギミックと思われていたが、徐々にHybridモデルとして市民権を獲得し、2017年で最も評価の高いNikeニューモデルに成長した。これまでは新Air UnitとFlyknitのコンストラクションでニューカラーオプション中心の投入だったが、2017年末から一転してアッパーを既存モデルとクロスオーバーさせたHybridスタイルのメイクオーバーに切り替えられた。
今後は大量のHybrid Air VaporMaxが登場するはずで、ニューカテゴリーとして今後数年にわたってAir Maxに匹敵するスタイルドメインを確立するだろう。

Follow the Air Max


2018/02/13

Air Jordan 3 JTH release during Super Bowl LII

 NikeはAir Jordan 3 JTHをSuper Bowl LIIに合わせて開催日の2月4日にSNKRS+で先行発売した。同モデルはJustin Timberlakeのニューアルバム "Man of the Woods" のリリースに合わせて企画されたモデルで、JTHはTimberlakeとHatfieldのイニシャルである。Timberlakeはhalftime showのパフォーマンスで同モデルを着用し、ショウタイムに合わせてSNKRS+で先行発売した。

スタイルとディテールはAir Jordan 3をほぼ継承しているが、カラーオプションはWhite/Cementの1 styleのみで、アッパーにはホワイトSwooshとNikeレターロゴが入っている。トングーにはレッドのジャンプマンロゴ、トングーのインサイドにはJTとHatfieldのサインが入っている。SNKRS+の発売は短時間でソールドアウトし、ついで週末に発売されたMan of the Woods ポップアップストア(SoHo NewoYork)でも限定数量のため短時間でソールドアウトして販売を打ち切っている。現在はJTウエッブストアなどで予約受付をしている状況である。今後はJTの北米ツアーに合わせて開催地でも発売すると発表されているが、Nikeが大量供給する意思がないようなので、購入は難しいとみられている。
多くの北米のスニーカーブロガーは2月で最も注目された発売で、今年最大の販売イベントになると評価している。北米のAir Jordan販売は2017年に不振にあえいできた。Nikeは物惜しみせず、大量供給した方が良いと思うが、今の所その考えはないようだ。

Follow the Air Jordan


Nike Tanjun : 2017 best-selling shoes

2017年に北米市場で最も売れたスニーカーはNike  Tanjunだった。TanjunはNPD Group(Port Washington, New York)が2月11日に発表した 「2017 Best-seling shoes」で最も売れたシューズにランキングされた。NPD Groupはニューヨーク本拠のマーケティング企業で、調査はバイヤーの申告を集計して毎年発表されている。2016年のベストセラーはadidas Superstarで、Tanjunは今年トップに躍進した。


Tanjunは2015年12月に発売されたランニングトレイナーで、ブリーザブルメッシュアッパーにフォームミッドソールのコンストラクションで、価格は65ドルで販売された。発売時のカラーオプションはWolf Grey/White、Navy/Roylの2 styleだった。Tanjunは2012年に発売されたRosheが好評だったために、Roshe(定価70ドル)より低価格のスピンオフモデルとして発売された。このためアッパーのメッシュはダイヤモンドグリッド、ミッドソールはミッドセクションにウエーブ状のアクセントをつけているが、製造コストを抑えるために素材と製造工程はローコストで簡略化されたモデルに仕上げられている。
Rosheは発売と同時にスタイル、ターゲット共に高い評価を受けたが、Tanjunは当初Rosheほどの評価を得ることがなかった。評価が定着したのは2017年に入ってからである。

Follow the Nike Lifestyle Trainer




2018/02/12

adidas x Invincible Futurecraft 4D is on way

Invincible Taipei store
adidasはFuturecraft 4Dのコラボレーションモデルを台湾のコンテンポラリーブティックInvincibleに供給する。発売は3月で、価格は$400USDと発表されている。
Futurecraft 4Dは2018年のadidas戦略モデルで、アッパーにPrimeknit、ミッドソールにDigital Light Synthesis素材の3Dプリンティングモールドソールを搭載している。コラボレーションモデルのスタイルとコンストラクションはレギュラーモデルに近いが、アッパーのカラーオプションはレインボウグラディエーションになっていて、サイドウォールのスリーストライプデザインもレギュラーモデルとは変えている。
adidas Futurecraft 4D x Invincible Collaboration model
adidasは2017年4月にFuturecraft 4Dの概要を発表しているが、販売はようやく2月10日にニューヨークフラッグシップストア(5番街46丁目)で先行発売にこぎつけたところである。同モデルはすでにY-3からも発表されていて、2018 Paris Fashion Week Men'sでランウエイデビューも果たしている。Invincibleの発売は3月で、先行発売とはほぼ1ヶ月後のタイムラグがあるが、Futurecraft 4Dのコラボレーション供給が発表されたのはInvincibleが最初で、明らかに最優先供給である。
adidas Futurecraft regular model
先行発売をニューヨークフラッグシップストアで行ったことからもわかるように、adidasがFuturecraft 4Dの市場投入で北米市場にトッププライオリティを置いているのは明らかで、それにパリコレデビューでEU市場にも対応し、さらに今回のInvincibleでアジア、中華圏にも配慮した販売政策を打ち出したのである。今後はさらにグローバル都市でのコラ後レーション企画を打ち出すはずで、本格的なグローバル販売戦略が推進されることになる。

Follow the Ultra Boost



2018/02/09

adidas EQT Support 93/17 GTX Triple White


adidasはEQT Support 93/17 GTX Triple Whiteを2017年12月に発売した。アッパーはホワイトのGore-Texで、ミッドソールにはBoostを搭載している。レースとヒールタブは3Mリフレクティブ処理されていて、サイドウォールのクォーター部分にはadjidasTERREXのプリントロゴが入っている。
TERREXはadidasのアウトドアカテゴリーに使用されているサブブランドで、つまりEQT Support 93/17 GTXはれっきとしたアウトドアモデルとしてリリースされたのである。カラーオプションはTriple Wthiteで、どう見てもSpringモデルである。何もウインター真っ最中の12月に売り出さなくてもと思ったんだが、これが意外に注目を集めた。
EQT は1991年に登場したEquipment Seriesのメイクオーバーで、オリジナルはadidasハイテク技術を結集して立ち上げた最後の正統派ランニングトレイナーだった。発売4年後にNike Air Max 95が登場したため、短期間でトップポジションから退場したが、古き良き時代のadidas Trainerのアイコンモデルとして現在でもadidasファンの人気を集めている。
EQT 93/17は1993年にデビューしたEquipment Runnerのメイクオーバーで、EquipmentのシルエットをPrimeknitアッパーとBoostミッドソールでモダナイズしたHybrid Trainerである。EQTシリーズは2017 Spring/Summer Collectionで5つのスピンオフシリーズを投入するという本格的強化路線が打ち出された。2018年は拡大強化2年目で、EQT Support 93/17 GTXはその先発モデルの一つである。2月にはバスケットスタイルのEQT BASK ADVも発売された。EQTは今後Nike DunkやAir Maxに対抗するカテゴリーを創造することになるのはほぼ確実である。

Follow the adidas EQT

2018/02/08

adidas EQT Bask ADV


adidasはEQT Bask ADVを2月15日発売する。アッパーはニットメッシュにヌバックをオーバーレイした複合パネルで、TPU パネルをサポートに使用している。ミッドソールはモールドのPUである。去年のようにランニングスタイルの場合はミッドソールにboost™を使用し、ミッドフットにEQT Racingの代名詞になっている大きなカットアウトが入るが、今年はバスケットスタイルなのでシンプルなモールドソールになっている。カラーオプションはCargo GreenとOnixの2 styleが発売される。

EQT(Equipment)は90年代初頭に登場したadidasランニングトレイナー第2世代モデルで、adidasハイテク技術を結集して立ち上げられた最後の正統派ランニングトレイナーだった。発売数年後にNike Air Max 95が登場したため、短期間でトップポジションから退場した悲劇のモデルだったが、古き良き時代のadidas trainerの郷愁を誘うアイコンモデルとして現在でも人気が高い。

去年までは大量のスピンオフシリーズを投入してNikeのAir Maxに対抗してきたが、今年はバスケットスタイルも投入してラインロビングを拡大した。EQTはランニングトレイナーという先入観があったが、今回のメイクオーバーを見て、バスケットの方がスタイリッシュだと再認識した。EQTでDunkにも対抗できれば、NMDとUltra Boostが依然好調なだけに、adidasはNike攻撃で一層優位に立つことができる。

Follow the adidas EQT

adidas Futurecraft 4D 北米市場で先行発売


adidasはFuturecraft 4Dを2月10日に発売すると発表した。本格発売は当初発表通りNBA All Starウィークエンドと見られているが、10日にニューヨークフラッグシップストア(5番街46丁目)で先行発売する。販売は予約制で、2月5日から7日までadidas APPを通じて予約を受付ける。adidasは2月2日にTripple WhiteのFuturecraft 4Dモデルを紹介しているが、今回の発表ではブラックアッパーモデルを画像で発表しており、予約発売はブラックモデルだけになると思われる。予約販売方式はこれまでもOriginalsやYeezyでも行われており、大きな混乱はないだろうと見られている。

Futurecraft は2018年のadidas戦略モデルで、ミッドソールにDigital Light Synthesis素材を使用し、3Dプリンティング技術を応用したモールドソールを搭載している。adidasは2017年4月にFuturecraft の概要を発表し、サンプルモデルは再三にわたって発表して来たが、最終的な発売スケジュールは遅れていた。

Futurecraft に採用されているソールは、Boostの次世代テクノロジーとして開発されたソールで、adidasは次期戦略モデルとして育成する。すでにBoostで成功しているだけに、今回も成功の可能性は高い。今回は販売も米国市場を最優先して先行発売するが、これも2015年にNMDで同様の戦略を打ち出して成功している。adidasは2018年の米国市場計画シェアを15~20%(2017年14%)に設定していて、販売計画も強気の予測を発表している。

Follow the Ultra Boost



2018/02/07

Nike Air Max 98 Triple White

NikeはAir Max 98  Triple Whiteを2月9日発売する。アッパーはシンセティックレザーとメッシュの複合パネル、ミッドソールはフルレンクスのエアユニットを搭載し、価格(MSRP)は$160USDに設定されている。Air Max 98 はすでにグレイカラーモデルが先行販売されているが、今回はトリプルホワイトである。Air Max 98は2018年が20周年のアニバーサリーなので、連続発売されるのは順当だが、それだけでなく3月26日のAir Max Dayに向けて、すでにAir Maxモデルの大量投入が進行中なのである。
Air Max 98のオリジナルは、1998年にAir Max Plusとともにリリースされた。いずれも同年発表されたTuned Air  systemを搭載したモデルだが、Air Max 98はどちらかといえばAir Max Plusのスプリットモデルとしてリリースされた印象が強かった。しかし発売後はホットアイテムとなって、これまでに復刻モデルが再三にわたって発売されている。 
Air Max 98のオリジナルカラーオプションはRoyal/Redモデルが著名であるが、今回発売のトリプルホワイトも悪くない。NikeはAir Force 270でもトリプルホワイトを2月10日に発売予定で、2018 Spring/Summerは再びWhite   Summer Trainerブームになる可能性が濃厚になってきた。

Follow the Air Max