2017/01/31

Chinese New Year Collection

adidas Tubular Radial CNY
128日の春節に合わせてスニーカーブランド各社は今年もChinese New Year Collectionを発売した。早いところは12月から、遅いところでも1月早々にはチャイナコレクションを発表した。NikeAir Foe 1をフィーチャーしたモデルを中心にコレクションを発表した。adidasNMDで複数CNYモデルを発表したが、出色はTubular Radial CNYだった。PumaClyde CNYUnder ArmourCurry CNYを発売した。
Nike Air Force 1 CNY
China New Year Collectionが急増したのは2012年からで、この年は辰年(Dragon)だったかYear of Dragonモデルが氾濫した。こんな子供だましのアイディアをいつまでと思うが、しかし中国がブーム終了後も2桁台の成長と全世界売り上げの10%を占める有力市場とあっては無視するわけにもゆかない。コレクションマニアの存在もあるから、なかなか中止とできないのである。
Under Armour Curry CNY
こんなアイディアで中国の人が喜ぶとも思えないし、コレクターだって減少傾向にあるから、ういう試みはそろそろやめるべきである。

Folow the Chinese New Year Collection
adidas Originals TubularRadial CNY

2017/01/30

The Vans Half Cab White Suede

The Vans Half Cab White Suede
VansHalf Cab 2017 Spring/summerモデルを123日に発売した。クリーム/オフホワイトのスウェードアッパーにホワイトヴァルカナイズソールのコンストラクションで、トングーとアンクルにはブラックのブランドロゴ、ヒールタブにはレッドのOff the Wallロゴが入っている。
The Vans Half Cab White Suede
Half CabSteve Caballeroのシグナチャーモデルとして発売されたモデルで、現在販売されているハイトップは1992年にCaballeroの希望でモデルチェンジした第2世代モデルで、独特なミッドカットのシルエットとアンクルロゴで、発売当初から玄人受けするモデルとして人気が高かった。
The Vans Half Cab White Suede
コラボレーターもマニアックなアーチストやプロショップが多く、メイクオーバーにはエキセントリックなアレンジメントが多い。2016 SummerにはGosha RubchinskiyDesigner; Russia)、2016 HolidayにはMaiden NoirSeattle)がコラボレーションモデルを発売したが、どちらも出色の出来栄えだった。今回のモデルはエレガントなクリーム/オフホワイトのスエードモデルである。

Follow the Vans 50 Years Collection

2017/01/28

adidas Yeezy Boost 350 V2 “Black” and “Zebra”


adidas Yeezy Boost 350 V2 Zebra
adidasYeezy Boost 350 V2のニューカラーモデルを2月に発売する。カラーオプションはBlack Zebraで、いずれもサイドパネルのロゴ ”SPLY-350” はレッドである。発売日はBlack217日、Zebra2月25日である。
adidas Yeezy Boost 350 V2 Black
今回発売モデルは1217日にBlackだけが発表されていたが、Zebraは今回初めて発表された。いずれも発売日は2017年とは発表されていたが、正確な発売日は未発表だった。
adidas Yeezy Boost 350 V2 Zebra
Yeezy Boost 350 V2はこれまでサイドパネルのブランディング”SPLY-350”ロゴがホワイトストライプ上にパターン化されていたが、2017年モデルはホワイトストライプが除去され、パネルに直接織り込まれている。この方式だと、ロゴカラーを変更するだけでニューカラーモデルが追加できるので大変な省力化が可能になる。

Follow the adidas Yeezy

2017/01/27

J. Crew x New Balance 998 “Toucan”


J. Crew x New Balance 998 Toucan
J. CrewNew Balance 998 Toucan”を125日発売した。スウェードアッパーとABZORBミッドソール、ヴァンプとアウトスリーブにはメッシュを使用している。カラーオプションはネイビーアッパーにグリーンとオレンジのアクセントカラーを使用した。カラーオプションは熱帯雨林に生息するオオハシ科の鳥“Toucan”からインスパイアされていて、ペットネームにも使用している。
J. Crew x New Balance 998 Toucan
J. CrewAthletic FootwearブランドとのコラボレーションでNew Balanceが圧倒的に多い。Frank MuytjensExecutive Creative Director)がNew Balanceファンで、彼は業界でも1400マニアで有名で、それがきっかけでNew Balanceとの緊密な関係が生まれたのである。コラボレーション対象モデルは998が群を抜いて多く、毎年月には998のニューカラーモデルを発売してきた。20161月モデルはモノトーンの“Midnight Moon”だったが、今年はカラフルな“Toucan”になった。


Follow the New Balance

2017/01/26

adidas Originals Tubular Doom Yin Yang Pack

adidas Originals Tubular Doom Yin Yang Black/White 

adidasTubular Doom Yin Yang Pack122日発売した。PrimeknitアッパーとTubular soleのコンストラクションで、3ストライプはレーシングシステムとサイドパネルケージの兼用パーツとなっている。Doomの特徴になっているエクステンションスリーブはbootie形状に成形されてフィッティングと保温の両機能を果たしている。カラーオプションはBlack/WhiteWhite/Black2styleパッケージである。
adidas Originals Tubular Doom Yin Yang White/Black
Tubular Doom201512月に発表され、20161月に発売された。2016年中はカラー追加モデルが再三にわたって発売されたが、Summer Trainerとしては形状が不向きだったことと、NMDの陰に隠れて大きな成功を収められなかった。
adidas Originals Tubular Doom Yin Yang Pack
今回の Yin Yang Packはトウガード補強、フォアフットストラップ、バックストラップなど随所にマイナーチェンジを加え、見違えるほどに洗練されたコスメチックスに生まれ変わった。サマーに向けてロングスリーブをショートスリーブに変更すれば、そのままSummer Trainerとしても通用するだろう。
adidas2017年対策として、すでにUltra BoostSummer 対策を講じている。それに加えてTubularSummer モデルが充実すれば、今年のSummer Trainer戦線もadidas圧勝に終わる可能性が高まってきた。

Folow the adidas Tubular

2017/01/25

Nike Miami in Miami Beach

Nike Miami in Miami Beach
Nikeは最新ストアNike Miami31,000F)をMiami Beach1035 Lincoln Road)のLincoln Road Mall119日オープンした。オープンモールのプロムナードに面したは12階のストアで、フルラインのスポーツメガストアである。
Nike Miami in Miami Beach
Nike201611月、New YorkTryout型ストアNike Sohoを出店しているが、Nike Miamiはそのコンセプトを継承したストアと説明されている。2階にはバスケットボール、サッカー、ランニングのTryoutコーナーが設置されているから、Nike Sohoの小型版と言えなくもない。しかしMiamiだったら何も店内でTrioutするより、ビーチバレーやビーチサッカーする方がMiamiらしいような気がするが、そんなことは考えなかったらしい。
Nike Miami in Miami Beach

Nikeは同ストアをMiamiの環境に適合するように、外壁にコンクリートとテラゾーパネル、さらにWindrunnerパターンのキャストアイアンを組み合わせてBrise-soleil効果の高いストアとして開発した。店内照明も外光を導入することで最低限に抑える省エネ設計になっている。
地球温暖化に配慮し、South Floridian architetureになっているというNikeの主張は結構なことだが、Nike MiamiNike Santa Monicaとどれほど違うのかはあまり考慮していないようだ。世界最大最強のフットウエアブランドのすることとは思えない。だいたいLincoln Road Mallに出店するというのも首を傾げてしまう。これってSanta Monica3rd Street とどこがちがうのか?

Follow the Nike store

adidas Ultra Boost Uncaged Burgundy


adidas Ultra Boost Uncaged Burgundy
 adidas Ultra Boost Uncaged Burgundyの最終サンプルが 1月 11日明らかになった。PrimeknitアッパーにUltra Boostソールのコンストラクションで、アッパー素材はスペックルドヤーンのウールを使用している。カラーオプションはバーガンディの1styleで、ヒール部分のFITCOUNTERはブラックのアクションカラーである。発売は2月以降と見られているが、正確な日時は未発表である。
Ultra Boost 2015年の発売当時、TPU成形パーツのヒールカウンターと3ストライプケージを搭載していた。この方式がデザインよりは強度上の観点から採用されたのは明らかで、当時のPrimeknit使用はリスクゼロではなかったのである。Ultra Boost Uncaged3ストライプケージを除去したモデルで、改良によってサイドウォールの強度が十分に保障されたことを物語っている。

adidas Ultra Boost Uncaged Burgundy
adidasはこの改良がミニマル化につながったと説明しているが、実際にはそれ以上の効果があった。Primeknitアッパーはニッティングパターンが成功を左右するから、3ストライプ除去はモデルの販売を左右するほどの重要性を持っている。3ストライプはadidasのアイデンティティのように思われているが、時には制約にもなる。Ultra Boost Uncaged 3ストライプケイジの除去で、アッパーデザインの選択肢が一気に拡大したのである。
Ultra Boost Uncaged 20166月のサマーコレクションで本格デビューした。ホリデーには追加カラ−が散発的に投入されたが、市場投入が本格化するのは2017年からである。Adidasの戦略モデルは2016年がNMDだったが、2017年はUltra Boost Uncagedが最重要育成モデルに浮上するというのはスニーカーブロガーの一致した見解である。

2017/01/23

adidas EQT ADV Primeknit Back/White


adidas EQT ADV Primeknit Black/White
adidasEQT ADV Primeknit Black/Whiteの最終サンプルを120日発表した。PrimeknitアッパーにコンプレッションモールドEVA ミッドソールのコンストラクションで、ヒール部分にTPUウイング、クォーター部分にはフィッティングサポートを搭載している。サイドラインの3ストライプはプラスチックバックルで補強され、アイレットを兼用している。カラーオプションはBlack/White1スタイルだけが発表された。正確な発売時期は現在のところ発表されていない。EQT ADVは多くのメイクオーバーが発売されているが、今回発表モデルはアッパーのグラフィック処理がこれまでで最も洗練されたモデルに仕上がった。
adidas EQT ADV Primeknit Black/White
EQT ADVEQTadovanced versionで、クラシックスタイルのEQTにソックライナースタイルのアッパーを搭載し、TPU成形フォームでヒール、アンクルサポートを補強。さらにEVA ミッドソール採用でクッショニングも格段に改善している。
adidas EQT ADV Primeknit Black/White
EQT 90年代初頭に登場したEquipment Seriesの第2世代ランニングモデルで、adidasハイテク技術を結集して立ち上げられた最後の正統派モデルだった。発売2年後にNike Air Max 95が登場したため、短期間でトップポジションから退場したが、古き良き時代のadidas trainerの郷愁を誘うアイコンモデルとして現在でも人気が高い。

Follow the adidas EQT