2015/03/31

Titlo : New Balance 577 Made in England

New Balance 577 Made in England
Titolo(HQ : Zurich, CH)がNew Balance 577 Made in Englandを3月30日発売した。ディープレッドのソフトレザ−アッパー、Toe BoxとCollarは同色のメッシュ。Tongueのブランディングとヒールタブのユニオンジャックに使用したメタリックゴールドのステッチは、狙いどおりのアクセント効果を発揮している。ヴィンテージモデルらしさを演出するオフホワイトのミッドソールもベストチョイスである。小売価格177ユーロは決して高くない。
New Balance 577 Made in England
Titoloはスイスのスニーカーブティックだが、時々独創的なカスタマイズモデルを発売するので定評がある。これまでもAir Maxでは再三にわたって名カスタマイザー振りを発揮してきたが、今回はNew Balanceカスタマイズでも鮮やかな手並みを披露した。

Nike SB Zoom Stefan Janoski “Wingtip”

Nike SB Zoom Stefan Janoski “Wingtip”
Sneaker Politics(Lafayette, LA)はNike SB Zoom Stefan Janoski “Wingtip”を3月30日発売した。オールブラックのスウェードアッパー、ゴールドのメタルアイレット、レザ−レースで、ソールはズームエア搭載のホワイトソールである。
Nike SB Zoom Stefan Janoski “Wingtip”
スケートボ−ドシューズはもともとCaucasianキッズのスニーカーだったが、90年代のバスケットシューズ全盛時代に、ヒスパニックのインナーシティスニーカーに定着した。Stefan Janoski モデルは一見するとミニマルなロープロファイルで、サバーバンスニーカーの印象が強いが、ディティールはちゃんとヒスパニックに照準を合わせている。
Nike SB Zoom Stefan Janoski “Wingtip”
Sneaker Politicsはニューオーリンズ近郊のスケートスタイルブティックで、 ラティノカルチャー中心地のストアである。ストックホルム(Caliroot)だとオリーブグリーンのStefan Janoskiモデルがスタイリッシュなメイクアップだが、ニューオーリンズ周辺ではウイングチップが最先端コスメチックスになるのである。ゴールドのメタルアイレットなど、インナーシティのラティノ客に心憎いばかりの気配りをしたカスタマイズモデルである。

2015/03/30

Nike SB Zoom Stefan Janoski “Dark Olive”

Nike SB Zoom Stefan Janoski “Dark Olive”
CalirootsがStefan Janoskiのオリーブグリーンモデルを3月28日発売した。アッパーはスウェードで、ダークガムソールとの組み合わせになっている。
Stefan Janoskiのオリーブグリーンは人気が高くて、多くのカスタマイズが出回っているが、Calirootのモデルが一番ソフィスティケイトしたカラーだと評価が高い。同店のカラー表示ではFieldstone Ironと表記されているが、これはやっぱりアメリカ表現ではオリーブグリーンだろう。
Nike SB Zoom Stefan Janoski “Dark Olive”
Calirootはスロックホルムのブティックで、スケートボードカルチャースタイルのストアである。これまでもStefan Janoskiのカスタマイズは発売しているが、今回のカスタマイズはたしかにスマートなモデルになった。たぶん北米市場でも発売するだろうと思われる。
Nike SB Zoom Stefan Janoski “Dark Olive”
Stefan Janoskiはクォーターパネルにアクセントカラーを使用して、サドルオックスフォード風デザインを採用することが多い。しかしCalirootモデルのように同一カラーで統一したほうがエレガントなスタイルになる。

2015/03/29

Nike Air Force 1 Off-White “Anonymous”

Nike Air Force 1 Off-White “Anonymous”
最近はオンラインにカスタマイズモデルが氾濫しているが、たいがいはブランドメーカーやスニーカーブティックのコラボレーションで、リークされた情報である。しかし中には出所不明というモデルもある。
Nike Air Force 1 Off-White “Anonymous”
TumblrにアップロードされたNike Air Force 1 Off-White “Anonymous”は、どうもいまいち制作者が明らかでない。Off-Whiteのストライプとロゴが入っているから、Virgil Abloh(Off-White)のリークかと思われたが、本人は否定しているらしい。作者不明のほうが情報効果は高いし、Kanye Westとadidasのコラボレーションという先行例もあるから額面どおりには受け取れない。
Nike Air Force 1 Off-White “Anonymous”

NikeとVirgil Abloのコラボかどうかは別にして、アイディアは優れた可能性を秘めている。こんなカスタマイズアイディアにNikeがよくもまあ同意したと思うが、Nikeも将来の発展性を認識した上での同意だと考えるほうが妥当だろう。このアイディアは10億ドル規模の可能性を秘めている!

2015/03/27

Vans Classic Slip-On Print Collection for Spring 2015

Vans Classic Slip-On Print Collection for Spring 2015 "Tie Dye"
Vans(HQ:Cypress, CA)はSlip-Onのプリントモデルを集めたVans Classic Slip-On Print Collection for Spring 2015 を3月10日に発売した。コレクションはGolden Coast、Van Doren、Polka Dot、Classic Stripe、Ethnic、Floralの6グループのプリントモチーフで構成されている。要するにプリントアッパーのSlip-Onを寄せ集めたグループというだけだが、こういう販売アイディアがVansらしさである。
Vans Classic Slip-On Print Collection for Spring 2015 "Hawaiian Floral"
Vans Classic Slip-On Print Collection for Spring 2015 "Multi Stripe Peach"
Vansは3月に入ってから2015 Spring/Summer Collectionを次々に発売してきた。Vansのコレクションの基本は、クラシックシルエットを素材、カラー、プリントで変化させるだけである。Nikeやadidasは新デザインのシルエット(ニューモデル)やテクニカルシステムを開発するが、Vansはほとんどそんなことはしない。
Vans Classic Slip-On Print Collection for Spring 2015 "Geometric"
Vans Classic Slip-On Print Collection for Spring 2015 "Van Doren Stars and Stripes"
あまりにも単純なので誰にでもできそうだが、Vansの真似ができるブランドはほとんどない。Keds、Converse、Supergaなどは真似すると良さそうに思えるが、まったくそういう兆候はない。Vansのやり方を一番学んでいそうなのはむしろNikeであるが、しかしVansの手法のほうが遥かにコストパフォーマンスに優れている。

Vans Classics Golden Coast Collection for Spring 2015


Vans Classics Golden Coast Collection for Spring 2015 "Authentic"
Vans(HQ:Cypress, CA)はClassics Golden Coast Collection を3月25日発売した。フィーチャーモデルにはAuthentic、Slip-On、Old Skool 、Eraを使用し、大半のモデルはチェッカーズフラッグプリントアッパーにワッフルパターンのバルカナイズソールである。60〜70年代(late ‘60s and early ‘70s.)のカラーパレットと言ってるのにチェッカーフラッグパターン(1982年発売)を使うのもおかしな話だが、SoCalの連中はそんなことには無頓着なのである。
Vans Classics Golden Coast Collection for Spring 2015 "Slip-On"
2014 Fallにはコレクションに加えられていたSk8-Hiは今回は除かれ、代わりにチェッカーズプリントのバリエーションが増強されている。またカラーはパステルトーンのレトロ調に変更され、前回のようなビビッドカラーは使用されていない。60〜70年代風と言っているからこのほうがカラースキームとしては適切である。価格は$45〜55に設定されている。
Vans Classics Golden Coast Collection for Spring 2015 "Old Skool"
ソリッドカラーだと単なるカラーモデルになるが、チェッカーフラッグパターンだとアッパーに変化があるから単調さから免れる。Kicks on Fire(Blog)は、VansのチェッカーはAir JordanのElephant printみたいなもんだと表現しているが、たしかにお説ごもっともである。Nikeは去年Roshe Runではグラフィックプリントもシリーズ展開した。
Vans Classics Golden Coast Collection for Spring 2015 "Era"
スニーカーがこれだけプリントアッパーだらけになってくると、今後登場するニュー^モデルはそれぞれが固有のプリントパターンを保有することも検討すべきだろう。ドイツのブランドみたいに、ランダムにプリントパターンを使用するというのは販売にプラスにはならない。

2015/03/26

Urban Outfitters : New Balance 574 Pique Polo Pack

New Balance 574 Pique Polo Pack "Grey"
Urban OutfittersはNew Balance 574 Pique Polo Packを3月25日発売した。Pique Polo Pack はNew Balanceがマルチカラー販売目的で開発したシリーズで、テキスタイルアッパーとENCAP搭載ミッドソールを標準装備している。発売したのはオレンジ、ブラック、グレイの3色である。

New Balance 574 Pique Polo Pack "Black"

Urban OutfittersはアメリカのYouth Lifestyle Chainでは最も強力なスニーカー販売力を持つチェーンで、マーチャンダイジング能力でも群を抜いている。しかしコラボレーションモデルやエクスクルーシブモデルはほとんど販売せず、レギュラーモデル中心に販売してきた。今回の3モデルも市販モデルで、エクスクルーシブではない。
New Balance 574 Pique Polo Pack "Orange"
コラボレーションに走る競合チェーンを尻目に、レギュラープロダクト販売姿勢をかたくなに守ってきた。Classic Trainer Boomの中で、フツーのモデルは死角になっているのである。

2015/03/25

Diemme Como Loafers

Diemme Como Loafers ”Butter"
Paris Fashion WeekのランウエイショーでPhoebe Philo(Céline)が純白のスリッポンを発表したのは、このブログで3月18日にお伝えした。Philoは 2012年9月に発表したSpring 2013 Collectionで、Fur LinningのBirkenstockを発表して、世界中のブティックからブラックストラップのBirkenstock Arizonaを品切れにしてしまった。
Diemme Como Loafers ”Blach"
Vernal Equinoix Day(春分の日)も過ぎて日増しに春めいてきたから、そろそろブーツもスニーカーに履き替えなければならない。当然ホワイトスリッポンは今年の春の最初の日曜日に履かなくてはならない。
去年NikeがヒットさせたRoshe Run GPXスリッポンをお持ちなら問題はない。3月21日にVansが発売したVault Classic Slip-Onをすでに購入していたら素晴らしい。しかしデイトの相手に合わせて、選択肢はもう一つくらいあっても良い。そこでお勧めするのがDiemme Como Loafersである。
Diemme Como Loafers ”Light Grey"
Diemmeは日本ではハイキンシューズで有名だが、ローファーでも捨て難い魅力がある。$350(MSRP)だが、イタリアのクラフトマンシップを十分味わうことができるから決して高い買い物ではない。5色展開しているが、すべて基本カラーなので1足あればデートにはパーフェクトな足元で臨める。

New Balance M1300

 New Balance M1300 JP
New BalanceはNew Balance M1300を3月28日発売する。1985年にデビューしたモデルで、新テクニカルシステムENCAPを搭載し当時の最高級モデルとして登場した。今回の発売モデルはオリジナルを忠実に復刻し、製造も米国工場(Skowhegan, Maine)を使用したMade in USAモデルである。
 New Balance M1300 JP
1300はクラシックを重視していたNew Balance Japanが90年代に復刻して人気になったモデルで、日本モデルは1300 JPとカントリー識別表示が付与されている。日本以外での復刻は今回で2回目で、2010年以来である。小売価格(MSRP)は$300と発表されている。

2015/03/24

Madewell x Saucony DXN Trainer

Madewell x Saucony DXN Trainer "Navy"
MadewellはMadewell x Saucony DXN Trainerを3月9日発売した。ネイビーとアイボリーの2色で、ディテールはほぼオリジナルに忠実に再現している。MadewellはSauconyとShadowのコラボレーションモデルも発売しているが、DXN Trainerは3月から追加されたモデルである。
説明Madewell x Saucony DXN Trainer "Navy/ Ivory"

DXN TrainerはRod Dixonのシグナチャーモデルとして、Sauconyが1983年に開発したモデルである。2014年にSaucony Originalsラインとして復刻されたが、Madewellはそれに便乗して、チェーンのエクスクルーシブモデルを発売した。Saucony のコスメチックスはメッシーだが、ShadowとDXN Trainerは比較的クリーンなモデルである。Somsack Sikhounmuong(Madewell Creative Director)のチョイスは悪くない。

2015/03/23

The Vans Vault Classic Slip-On OG Pack

The Vans Vault Classic Slip-On OG Pack "Checkers"
Vans(HQ:Cypress, CA)は3月21日、The Vans Vault Slip-On OGを発売した。1979年登場時のディテールに忠実な復刻で、カラーも当時のホワイト、ブラック、チェッカーズの3モデルで、ソールは当然バルカナイズのワッフルソールである。ヒールライニングの内側部分にはレザ−を使用している。
The Vans Vault Classic Slip-On OG Pack "Black"
Vansは毎年ニューイヤーに各モデルのNew Year Collectionを発売するが、今年はカラフルなキャンバスアッパーモデルを発売した。1月12日にはレザ−アッパーの高級モデルを追加発売している。Slip-Onとしてまとまったコレクションはこの2回のみで、それ以外は他のモデルとのパッケージコレクションである。
The Vans Vault Classic Slip-On OG Pack "White"
今回は3アイテムのCapsule Collectionで、Foot Patrol(London)が発売した。オリジナルのRe-issueで何の変哲もないが、Vaultらしくディテールにはこだわっていて玄人好みのメークアップである。