2013/08/31

Nike Officially Unveils the LeBron XI


Two Colorways : King’s Pride and Terracotta

Nike LeBron XI King's Pride : The first two versions will be released in King's Pride and Terracotta Warrior colorways. You can read more about them and see more photos at NikeInc.com
ナイキはLeBron XIを8月28日発表した。King’s PrideとTerracottaカラーの2モデルで、ライニングにはフローラルプリントが施されている。いずれもHyperposite、Hyperfuseコンストラクションを採用し、歴代のレブロンモデルで最軽量となった。発売は10月12日の予定で、ナイキストアと一部の有力店で発売される。

Nike LeBron XI Terracotta : Nike unveiled the first two colorways for the next LeBron James signature shoe, the LeBron 11s, which will be released Oct. 12. The shoes are the lightest and lowest LeBrons yet and feature the new Nike Hyperposite and Hyperfuse construction. 
LeBron シリーズは最新テクノロジーと斬新なカラーを打ち出すのが特徴で、LeBron X(2012年8月発表)はFireberry(小豆色)アッパ−にGrey Swash(ピンクアウトライン)、レースロックとアウトソールはピンクを使用していた。XIはKing’s Pride(グリーン)のほうが正統のレブロンカラーモデルで、アウトソールにも使用している。

adidas x Opening Ceremony 2013 Fall Collection

2nd release theme is Basketball
Opening ceremony and adidas Originals 2013 FW collection has taken two themes within the ongoing collaborative diffusion line. The first release was a hiking-inspired collection, while second is the sporting theme going with a basketball-inspired pieces. 
アディダスとオープニングセレモニー(OC)が6月に発表した「2013  FW Collaboration」の第2回リリースが8月31日、オープニングセレモニーとNo74などのアディダス限定ストアで発売された。
The adidas Originals DNA is kept intact with several archival styles factoring into the drop combined with Opening Ceremony’s own unique aesthetic which has made it a respected global brand in both retail and apparel. 

コレクションテーマは毎回2つのスポーツカテゴリーを設定して、デザインアイディアを生み出して行くという手法を打ち出している。
7月中旬に発売された第1回リリースは「Climbing」コレクションで、第2回は「Basketball」である。

カプセルコレクションは1〜2回合わせてアパレル44アイテム、フットウエア13アイテム、バッグ数アイテムで構成されている。価格はアパレルが80〜610ドル、フットウエアが175〜235ドル、バッグは140〜210ドルに設定された。

2013/08/28

Nike unveils 2014 USA Olympic Hockey Jersey


The Big crest  and the stars
The jersey draws inspiration from the pride of competing for Team USA by amplifying the American Flag aesthetic through matte/shine stars on the shoulders and bold striping. The patriotic and inspirational message "Land of the Free, Home of the Brave" can be found on the inside neckline.
ナイキは8月27日、USアイスホッケー代表チームジャージーを発表した。ナイキはUS代表チームが築き上げた歴史と伝統を現代のアスリートに伝え、ナショナルチームのシンボル米国旗をデザインイメージに取り込んだと説明している。
The 2014 Nike USA Olympic Hockey Jersey fuses USA Hockey’s rich history and tradition with the performance needs of today’s athletes. 
ジャージーはホワイトベースとブルーベースの2バージョンで、胸部分に大きなクレスト、スリーブにレッド、ネイビー、ホワイトの 米国旗ストライプをデザインしている。両ショルダーには合計50個の星もスクリーンプリンティングされている。襟にはゴールドマークと1960、1980をプリントし、ネックラインの裏側には「Land of the Free, Home of the Brave」メッセージが入っている。
Where no one will be able to see it.
US Soccer team Crest, left, K-Swiss brand logo, Union Pacific Railway company logo.
ジャージーが発表されると、メディアの間に批判の嵐が巻き起こった。特に批判が集中したのは、胸のクレストとショルダーの星である。まるでK-Swissのロゴみたいだ、いやいやユニオンパシフィック鉄道のロゴだ。USサッカーチームのクレストだとか、US スキーチームじゃないのかなどと散々に嫌みを言われた。
襟にプリントされた1960(スコーバレー大会)と1980(レイクプラシッドは、USチームがソヴィエトを破ってゴールドメダルを獲得した記念すべき大会であるが、それに加えてネックの裏側のメッセージも一緒くたにされて、誰にも見えないところにプリントしてどうするんだ、無駄なことするなと手厳しい。
The 1980 Nike USA Olympic Hockey Jersey
これまでUS代表チームはシンプルにUSAロゴが入っているだけだった。アイスホッケーだけでなく、他の代表チームでは、ミニマリックが米国チームの最大の特徴だった。それが今回はクレストが入り、しかもなんでこんなに丸っこいクレストなんだとファンが起こり出したのである
ナイキは2009年からスタートしたオレゴン大学フットボールチームのユニフォームは大成功しているが、どうもそれ以外でははかばかしい成功ケースがない。

2013/08/25

Black Comme des Garçons Nike Blazer sneakers 2013 AW


Black CDG Nike Blazer Low Premium

Black Comme des Garçons Nike sneakers 2013 AW : Comme des Garçons and Nike have teamed up for a special edition of Nike’s Blazer Low silhouette with blacked-out colorway. The sneaker features suede around the paneled upper, offset by a slight contrast in the waxed cotton laces, and also accented by a tonal leather swoosh at the sides. 
Dover Street Market(DSM:ロンドン)はナイキ(オレゴン州ビーバートン)とのコラボレーションモデル「Black Comme des Garçons x Nike Blazer Low Premium」を8月24日「Dover Street Market Ginza」とオンラインで発売した。価格(MSRP)は201(US)ドルで、ストア販売は銀座店限定である。

Black Comme des Garçons Nike sneakers 2013 AW : Subtle COMME des GARCONS branding is on the leather heel patch and insole, making this sportswear staple all the more versatile for sleek pairings. Retailing for approximately $201 USD, the BLACK COMME des GARCONS x Nike Blazer Low Premium is available online and only at Dover Street Market Ginza.
ベースモデルはブレイザーのローカットで、スウェードアッパー、ヒールカウンターに「CDG」ロゴ入りレザ−パッチを搭載している。アッパーのステッチとCDGロゴ以外は全てブラックで、シューレースはワックス処理して光沢を持たせた素材を使用している
DSM:ロンドンは2012年7月、ロンドン五輪直前に、ナイキとAir Force1のコラボレーションモデルを発売している。AF1はブラックとホワイトの2色展開だったが、今回はブラックのみの1色だけである。

2013/08/24

Nike redefines “Just Do It” with New Campaign

Just Do It -- Possibilities

“If you can run a mile, run a race, run a marathon, outrun a movie star.

Nike’s new campaign, “Possibilities,” inspires viewers to push their limits and strive to reach new goals through a variety of playful scenarios featuring an all-star cast of athletes and guest stars. Digital and social media activations help viewers to #justdoit themselves through a series of Nike+ challenges.
ナイキは1988年にスタートした「Just Do It」25周年を記念して、「Just Do It--Possibilities」キャンペーンを8月20日にスタートした。Just Do Itに加えて、消費者それぞれが自分の限界(Possibilities)に挑戦することで、消費者もナイキも、プロダクトも新しいゴールに到達することができるという主張である。

Just Do It – Possibilities in one shot, an everyday table tennis player who faces Serena Williams in the U.S. Open at Flushing Meadow New York.
出演はレブロン・ジェイムズ、セリナ・ウイリアムズ、ジェラール・ピケ(FC Barcelona)、アンドレ・ウォード(ボクシング)で、ナイキのトップ3アスリートである。これにゲスト出演がクリス・パイン(スタートレック)、ナレーションはブラッドリー・クーパー(Silver Linings Playbook)が務めた。監督にはニコライ・ファグルシグが起用されている。まったく、ナイキともなると製作経費とスタッフ、出演者もスーパークラスである。
Nicolai Fuglsig, born in 1972 is a Danish commercial. He garnered numerous industry awards for his work on a Sony Bravia commercial featuring 250,000 bouncing balls let loose on the largest hill in San Francisco.
ニコライ・ファグルシグはご存じない方がいるかも知れないが、デンマーク出身のCF監督で、CF関連の賞を総なめしている旬の監督である。Xbox360 FPSゲームシリーズ最新作「Halo 4」のトレーラー(2012年)も制作している。しかし、彼が最も有名になったのはSony Bravia Bouncy Ball CF(2006年)で、「Just Do It--Possibilities」と比較しても、はるかにSony Bravia CFのほうが良かった。

2013/08/20

Keds x Kate Spade 2013 Spring Collection

Keds & KIate teamed Up Again 
The Fall 2013 Kate Spade x Keds shoe line, which hits August 1, will feature a little bit more of the same (polka dots, stripes), and a little something different (oversized leopard, apple prints).

Keds本社:ミシガン州ロックフォード、リック­・ブラックショウ社長)はケイト・スペード(本部:ニューヨーク)とのコラボレーションで「2013 Fall Collection」を8月1日発売した。

ベースモデルはクラシック「チャンピオン・オックス」で、アッパーはポルカドット、ストライプ、アニマルプリント、アップルのプリントである。価格(MSRP)は75ドルで、ケイト・スペードストア、ケッズストア、ノルドストロームで発売している。
Keds president Rick Blackshaw explained the “new twist for fall” to ELLE: “We’ve gone even more graphic this season, with bold prints featured on our most feminine silhouette, the Champion Rally, giving a lot of style on a slender sneaker.”
Kedsはケイト・スペードのカプセルコレクションを2013年2月に発売したが、好評だったためFall Collectionも発売したものである。一見するとSpring Collectionあまり変わらないように見えるが、アニマルとアップル柄が追加されており、ドットの大きさも微妙に変更している。

Kedsはこの数年、Jeffrey、GAP、Knzo、Steven Alan、Opening Ceremony、Madewellとコラボレーションを次々に発表して来た。いっぽうケイトはニューヨーク本拠のデザイナーでは、今が旬の売れっ子で、この両者のコラボレーションなら売れないはずがない。kedsはMadewellとのコラボレーションモデルも好評だが、人気の点ではケイトのほうが上である。

2013/08/19

adidas Group, 2013 First Half Result

Adidas suffers in Europe as first half drop 11%
Adidas, the global sports brand and Olympic sponsor, has suffered an 11% drop in revenues in Western Europe in the first half of 2013 due to a "lacklustre trading environment".
The group’s revenues fell from €2,098m in the first half of 2012 to €1,907m in the first half of 2013 in Western Europe, a total of 9%, while revenues in European emerging markets dropped by 2%. Revenues in the Chinese and Latin American markets have grown.
アディダスA.G.(本社:ドイツ / ヘルツォーゲンアウラッハ)が8月8日発表した2013年上半期連結業績は売上高71億3,400万ユーロ(前期比2.8%減)、純利益4億8,100万ユーロ(同6.0%増)となった。
業績低迷の直接原因は西ヨーロッパ(前期比9%減)とアジア(同8.4%減)が最大の原因である。中国市場不振は歯止め(同6.6%増)がかかったが、これまで競合力のあった北米(同1.8%減)まで低迷に陥った。
ブランド別売上はリーボック不振(同6.9%減)が続いている。アディダス(同2.4%減)、テイラーメイド(同2.1%減)も厳しい。
Selena Gomez has revealed her new collection for Adidas NEO!

好調なのは小売り部門(同2.7%増)くらいであるが、売上構成比の63%は卸売(同4.9%減)なので、小売り構成比(22%)を拡大する方針を打ち出している。

アディダスはフットウエアでナイキに押しまくられて来たが、発展途上国のアパレル市場では圧倒的な強さを発揮して来た。しかしこの分野も、クロージング・メガチェーンとの競合が激化している。そこで、小売り部門強化でフットウエアとクロージングの両カテゴリー販売を強化する考えなのである。

2013/08/07

adidas ‘’ Unite All Originals’’ Global Campaign Start

adidas Originals x Run DMC Vs A-Trak
adidas has official lunched ‘Unite All Original’ 1st August.  Fans across the world can unite with RUN DMC and A-Trak in an interactive music video that come to life through visual effects and voice commands. 
 アディダスの「Unite All Original」がいよいよ8月1日にスタートした。オリジナルスのオリジンを問い直すキャンペーンで、Run-D.M.C.とA-Trakを起用して全世界でキャンペーンを展開する。第1弾の「Run DMC Superstar 80s and Premium Apparel Pack」も全世界限定1,000ペアが発売された。
Coinciding with the latest ‘Unite All Original’ campaign, adidas Originals deliver an exclusive and limited edition Run DMC Superstar 80s and premium apparel pack. Unleashing only 1000 pairs worldwide
「Unite All Original」というくらいなんだから、1,000ペアなどとケチなこといわないで、100万ペアくらい供給すれば良いのに、これがadidasのセコいところである。今時、こういうティージングはナイキでもやらない。バーチャルマーケティングをもっと研究すべきであるが、プリントキャンペーンはナイキに追いつき、追い超せが効果を現してきた。
Adidas formed a long-term relationship with Run–D.M.C. and hip hop. The success of Raising Hell is often credited with kick-starting hip hop's golden age. The deal between adidas and artists was the first endorsement deal between hip-hop artists and a major sneaker corporation.

キャンペーンは2ステップで構成される。第1ステップはRun-D.M.C.とA-Trakのコラボレーション。第2ステップは消費者がヴォイスコマンドとビジュアルイフェクトでRun-D.M.C.のインタラクティブフィルムを鑑賞できる。